HOME>レポート>競馬学校で騎手になる方法をあなたにこっそり伝授

競馬学校で騎手になる方法をあなたにこっそり伝授

競馬

応募資格を調べる

競馬場で競走馬に乗る騎手を目指す方や競争馬たちの調教や世話を行なう厩務員を目指す方が勉強をする学校が競馬学校です。騎手になるための課程は3年間の勉強となり、厩務員になるための課程は半年の勉強となります。どちらの課程を受験する場合にも応募資格の条件を満たしている必要があり、入学希望者はあらかじめ競馬学校のパンフレットやホームページなどで条件を調べておく必要があります。特に、騎手として馬に乗るためには、体重の規定があり受験する年齢に応じて体重の規定をクリアしている事が条件です。また、視力は左右ともに0.8以上と定められているため、視力を下げないような生活を心がける事が必要です。厩務員を目指す場合であっても、馬を訓練しやすい体重にしておくように気をつける事が大切です。

競馬

受験時期などが異なる

現在、日本国内で騎手と厩務員の養成を行なっている競馬学校は中央競馬と地方競馬にそれぞれあり、受験時期と合格発表の時期が異なります。どちらの学校も寄宿舎制を採用しているため、受験時に住んでいる地域に関係なく受験をする事が出来ます。騎乗の経験がなくても合格する人もいるため、馬や競馬に関心があり意欲がある事が重要であるとされていますが、受験前に乗馬大会で優秀な成績をおさめていると選考の際に有利です。受験時期が異なる事から、中央競馬と地方競馬の学校を両方受験する方も多くいます。また、条件が満たしている間は、次の年も受験する方も多く人気です。競馬学校の受験を目指す方のための勉強を行なうスクールもあり、コンディションを整えながらスクールに通って受験をする方も増えています。